但馬銀行トップ > 安心してお取引いただくために…

電子署名付き電子メール

電子署名付き電子メールの確認方法

電子署名付き電子メールを受信した場合、以下の項目を確認してください。
(1)セキュリティ警告が出ていないこと
※セキュリティ警告のメッセージが表示されるメールは改ざんや送信元詐称等の可能性があり信頼できません。メールを開かず速やかに当行までご連絡ください。
(2)送信者アドレスが『*****@tajimabank.co.jp』となっていること
※但馬銀行が発信したメールであることを確認してください。
(3)電子証明書の発行元が『Symantec Class 3 Organizational CA – G4』となっていること
※電子署名を付ける際、誰が署名したかを確認する手段として、インターネット上の身分証明書である電子証明書を用います。電子証明書は認証局と呼ばれる第三者機関が発行しており、当行ではシマンテック社により認証された電子証明書を利用しています。

●ご注意
・電子署名付き電子メールのご利用には、パソコンのメール受信用ソフトとして、S/MIMEに対応しているソフトをご利用いただく必要があります。

メール受信用ソフトごとの確認方法

電子署名付き電子メールの受信イメージ、確認手順はメールソフトごとに異なります。当行で導入する電子証明書の発行元であるシマンテック社のホームページには、いくつかの電子メール送受信ソフトに関して電子署名の確認方法を公開していますのでご参照ください。

電子メール署名を検証するのに必要なもの
(これより先はシマンテック社のホームページに移動します。)


●ご注意
・Webメールや携帯メール、またはS/MIMEに対応していないパソコンのメールソフトをご利用の場合、電子メール改ざんの検知や正確な送信元確認は行えません。
・電子署名に未対応の電子メール送受信ソフトをご利用の場合、「smime.p7s」というファイルが電子メールに添付される場合や、電子署名が削除される場合があります。この場合、添付ファイルを開いても、電子署名の確認はできません。

ページの上部へ

  • 支店・ATMのご案内
  • たんぎんICバンクカード
  • ローンシュミレーション
  • 安心してお取引いただくために…
  • 金融円滑化への取組みについて
  • 地域密着型金融への取組み
  • よくあるご質問
  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 地域情報
  • 外貨宅配

金融犯罪の番犬「BANK-KEN」の金融犯罪にご用心 全国銀行協会

たんぎんのホームページでは、シマンテック社の「SSLサーバ証明書」により、真正性を証明しています。
  • Adobe Flash Playerのダウンロード 当行ホームページでは、FLASHを使用しております。
  • Adobe Readerのダウンロード 当行ホームページでは、PDFを使用しております。