但馬銀行トップ > お知らせ > 重要なお知らせ > 警察官などを騙ってキャッシュカードをだまし取り預金を引き出す詐欺にご注意ください

重要なお知らせ

警察官などを騙ってキャッシュカードをだまし取り預金を引き出す詐欺にご注意ください

最近、百貨店の社員や警察官などを騙って電話をかけ、キャッシュカードの暗証番号を聞き出し、キャッシュカードをだまし取り預金を引き出す犯罪(カード手交型)や、封筒にキャッシュカードを入れさせ、隙を見て別の封筒にすり替えてキャッシュカードを盗みとる犯罪(カードすり替え型)が全国で発生していますので、十分にご注意ください。


<カード手交型の事例>

百貨店の社員や警察官などを騙って預金者に電話をかけ、取引金融機関およびキャッシュカードの暗証番号を聞き出した後、銀行協会職員や銀行員を名乗る者が顧客の自宅を訪問し、キャッシュカードを搾取して不正に預金を引き出すという手口です。


<カードすり替え型の事例>

警察官や金融庁の職員などを騙って預金者に電話をかけ、キャッシュカードが偽造されている可能性があるなどと偽り自宅を訪問する。キャッシュカードの利用を停止するため暗証番号のメモとキャッシュカードを一緒に封筒に入れさせ、封筒に割り印のために印鑑を持ってくるよう指示し、被害者が離れた隙に、封筒をすり替えて偽物のキャッシュカードが入った封筒を渡し、「3日間保管するように」などと伝えて立ち去り、不正に預金を引き出すという手口です。


<被害に遭わないために>
  • 銀行協会職員や銀行員、警察官などが電話で暗証番号をお尋ねしたり、キャッシュカードをお預かりすることはありません。
  • 銀行協会職員や銀行員、警察官などが「キャッシュカードを封筒に入れ、封印して」とお願いすることはありません。
  • 暗証番号をお尋ねしたり、キャッシュカードをお預かりするよう案内する電話があった場合は、ご家族、警察、お取引店にご相談ください。

« 一覧へ戻る